アレキサンドライトレーザーとは、医療機関で脱毛やシミの治療などに用いられるレーザーです。755nmの波長で、メラニン色素に吸収される性質があります。メラニン色素への吸収率が抑えられているため火傷の危険性が低く、皮膚にメラニン色素が多く含まれる日本人に適しているレーザーです。そのため、アレキサンドライトレーザーは多くの医療機関で利用されています。
脱毛に用いる場合、毛根がレーザーを吸収して熱を持ち、これが毛母細胞に伝わってダメージを受け、毛の再生能力が低下します。麻酔クリームなどを使用するので痛みを抑えられますが、ゴムで弾かれるような痛みがあります。多少であれば日焼けしていても出力を下げて施術を行えますが、日焼けが酷かったり、日焼け直後で皮膚が炎症を起こしていると利用できません。
シミなどの色素沈着を起こしている部位に照射すると、メラニン色素が焼かれてかさぶた状になります。これが剥がれたときに色素沈着が薄くなります。無理に剥がすと逆に色素沈着が起きてしまうので、自然に剥がれるのを待ちます。
また、アレキサンドライトレーザーを照射されて皮膚が熱を持つとコラーゲンの生成が活性化するため、毛穴や皮膚の引き締め効果もあります。