ルビーレーザー(Ruby laser)は、レーザー媒質にはルビー(Al2O3)を使用したレーザーです。技術が発展したことにより、現在は、ルビーの一部をクロムに変えたものも開発されていて、性能が上がっています。
ルビーレーザーは、波長が694nmのレーザーであり、主要なレーザー機器の中で、最も波長が短いです。赤色の可視領域のレーザーであり、医療機関でも導入されています。ルビーレーザーは、黒い色に選択的に吸収されます。そのため、メラニン色素に効果的に吸収され、メラニン色素を破壊することができます。レーザーを照射することで、傷をつけることなくメラニンを取り除くことができるため、シミの治療などに用いられることが多いです。メラニン色素以外の周辺の肌細胞を破壊することがないため、安全にメラニン色素をなくすことが可能です。
ルビーレーザーによるメラニン色素が沈着しているシミなどの治療は、ほとんどの場合、1回の治療のみで終えることができます。治療後に若干赤みが残ってしまいますが、赤みは、徐々に消えていき、1ヶ月後にはきれいな状態になります。アンチエイジング治療などで使われることが多く、シミなどをなくして、若返ることができます。