ヤグレーザーとは

| 未分類 |

ロングパルスヤグレーザーは、波長が長い為、皮膚の深いところまでレーザーが届くので、皮膚深層の治療が可能です。
また他のレーザーとは違って、メラニンの吸収度が低いため、表皮のダメージがでにくく高エネルギーの照射で皮膚深層に十分な熱を加えることが可能です。
皮膚に当たると表皮に熱傷などを与えることなく、真皮下へ通過し真皮内で40度程の熱となります。その熱が真皮のコラーゲンを活性化するため、自己治癒力のように皮膚組織を作る力を利用して、治療を行うことができます。
こうした特性を生かして、しわやたるみに対する治療に効果的に使用することができます。
施術方法は、洗顔後にロングパルスヤグレーザーを顔全体に照射し、高濃度のビタミンCを塗布するだけです。
痛みが少なく、ほとんどダウンタイムがいらないアンチエイジング方で、施術時間も10分程と短く、痛みや腫れもほとんどありません。
施術後のアフターケアは、処理部分が日焼けをしやすくなっているので、1~2週間は外出時には紫外線を防ぐクリームを使用することが必要となります。
通常のレーザー脱毛では、黒ものに反応することで脱毛を行っていきますが、ヤグレーザーは黒いものに反応しにくい特徴があるので、肌が黒い人や日焼けした人にも脱毛が可能です。